突発性難聴とは

ストレスのせい?耳がこもっている感じがする。いきなり耳が聞こえなくなった。という症状がでたら、もしかしたら「突発性難聴」かもしれません。難聴には大きくわけて、二つの種類があります。伝音性難聴と感音性難聴です。伝音性難聴とは外耳(耳たぶ、耳の穴)、中耳(鼓膜、鼓膜奥の音を伝える骨)になんらかの障害があり音が聞こえにくくなる症状を指します。もう一つの感音性難聴は内耳や聴覚神経に障害があり音が聞こえにくくなる状態を指します。原因はさまざまですが、感音性難聴は一般的に治療が困難とされます。突発性難聴は感音難聴のことを言います。文字通り突然聞こえなくなります。徐々に聞こえなくくなる症状は突発性難聴ではなく、他の疾病が疑われます。原因は過度なストレスともいえます。過度なストレスは、突発性難聴だけでなくともさまざまな病気の原因となりえます。ストレスコントロールは重要だと言えるでしょう。