犬と人間の仲の良さの理由

世界中で多くの人に愛されている「犬」。数あるペットの中でも、犬は最も多いのではないでしょうか。
犬は人間に忠実で、人間の暮らしの中に溶け込みます。
では、いつから犬は人間と共に暮らすようになったのでしょうか。
調べてみると、その始まりは15000年以上前。かつてはオオカミだった犬は、家畜化され、品種改良の結果さまざまな犬種が生まれました。
諸説はいろいろあるが、犬と人間の出会いは15000年以上前のこと。
もとは住居の見張り、狩猟の補佐などのために家畜化されていたという。人間と共に過ごすようになった犬はさまざまな形で人間をサポートしていきました。
しかし、そのその犬は人間を本当に好きなのだろうか、それとも忠実に飼い主の言葉に従っているだけなのだろうか。
結論から言うと、犬は人間が大好き。言葉こそ離せないが、犬は人間が大好きなのだ。
家に帰ると尻尾を振って大喜び、膝の上にちょこんと座り動かない。
また、犬は人間の臭いを優先させるという。臭いで行動をする犬が人間の臭いを優先させるということは、人間を愛している証拠でもある。
このように犬と人間は15000年以上前から切っても切れない関係なのである。