栃木・茨城に大雨特別警報発表

10日、午前10時現在、気象庁は栃木県と茨城県の全域に大雨特別警報を発表しています。
特別警報は、重大な災害の危険性が著しく高まっているときに出されるものです。
数十年に一度しかないような非常に危険な状況にあるということになります。
また、気象庁は9時から記者会見をし、埼玉県東部や千葉県北部、それに福島県南西部でも記録的な大雨となっています。
これらの地域では特別警報を発表する段階ではないが、それに近いような激しい現象が起こっているとし、警戒を呼び掛けています。