IBM、セサミストリートと協業

米IBMは4月27日、マペットを使った児童向け番組「セサミストリート」で有名なSesame Workshopと協業し、人工知能「Watson」による幼児教育プラットフォーム及びその製品を開発すると発表したそうだ。
この企画は両社の3年間にわたる契約の一環として組まれたもので、Sesame Workshopが45年以上蓄積してきたという1000を超える幼児の最適な学習法などを人工知能のWatsonが分析して利用。Watsonの自然言語処理、パターン認識、コグニティブコンピューティングテクノロジを組み合わせることで、幼児ごとの好みやレベルに応じてパーソナライズした学習体験を提供するとのこと。
脳は5歳までに著しく発展すると言われており、発達段階の初期における両親と先生の役割を補完し、さまざまな幼児に対して学習成果を高められるそうだ。Watsonは生徒の体験から学習/調整することができ、継続的に教育方針を改善していくことができるという。
IBMが開発した人工知能のWatsonは、クイズ番組でクイズ王を下すといったエピソードが有名だそうだが、すでに医療分野での活用が進んでいるそうだ。
セサミストリートのキャラクターと人工知能Watsonで、子どもに最適な学習法を受けさせられるというのは面白い試みだ。